スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)

 街全体を美術館に見立てる一夜限りのイベント「六本木アートナイト2010」が27日、東京・六本木地区で行われた。フランスの「カンパニー・デ・キダム」は夢をイメージした幻想的なパフォーマンスを披露。メンバー5人が身にまとった大きな白い布の中に空気を入れ、高さ約4メートルの風船状の「白い巨人」に変身し、大勢の観客を楽しませた。

 夜通しのイベントで、今年で2回目。六本木にある美術館や商店街振興組合などが連携して実施した。【岸桂子】

【関連ニュース】
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
福岡・博多川端商店街火災:博多町家ふるさと館、復興に義援金/福岡
米子市:商都、再生 にぎわい復活−−3拠点、きょうオープン /鳥取
壁画:「モトコー」にアート 大学生ら、中央区・元町高架通商店街で /兵庫

水俣病訴訟で初の和解成立=公式確認から半世紀余り−一時金210万円・熊本地裁(時事通信)
警察庁困惑「検証しようがない」…毒ギョーザ(読売新聞)
元光GENJIメンバーに実刑=裁判官「更生を期待」−千葉地裁(時事通信)
<官房長官>沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え(毎日新聞)
【健康】「病気の苦しさ」語りデータベース 治療法を選ぶヒントに(産経新聞)

神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質−群馬大大学院(時事通信)

 温度を感知するたんぱく質として知られるTRPV2センサーに神経形成を促進する機能があることを、群馬大大学院医学系研究科などの研究チームが31日までに、マウスなどを使った実験で発見した。論文は米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに掲載された。
 柴崎貢志同大学院講師は「TRPV2センサーの働きを把握し、100%活性化できればリハビリ効果を高められる。損傷した神経の再生につなげることもできる」としている。 

【関連ニュース】
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待
絶縁体で電気信号伝達=パソコン8割省電力化も
太陽の両極に強い磁場=黒点のもと、活動期予測に
ワサビの辛みで老化防止?=健康食品などに応用期待

<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)
郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ−政府(時事通信)
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査(医療介護CBニュース)
<友政懇偽装献金>首相元秘書、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)

「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)

 壁面に扇状のレリーフのような作品が掛けられる。よく見ると、端々に麻ひもが顔をのぞかせる。石膏(せっこう)のような白い画面には、部分部分で一定の規則で模様が施され、それらが集まり華麗ともいえる装飾を生み出す。ある意味でシステマチックに構成されるが、根気を尽くした手作業のため、有機的ともいえる作品が構築される。

 作者はいわゆるキャンバスを用いない。キャンバスという支持体を自らが麻ひもを編んで作ってしまう。縦糸の長さや本数、横糸を編む方向などに一定のルールで編まれ、その上に絵の具を定着させる下地材を平坦(へいたん)に塗り固める。

 表面に表れるひもの凹凸の荒々しさや端々に見えるひもも、作品としての表情を豊かなものにしているといっていい。

 村山悟郎は昭和58年、東京生まれ。現在、東京芸大大学院に在籍している。昨年は東京都現代美術館でのコレクション展でも作品が展示されるなど、学生でありながらすでに注目されている。28日まで。

【集う】「ロシア初−現代日本絵画−日本の美展」記者会見(産経新聞)
恒星からのガンマ線とらえる=日米欧の観測衛星−広島大など(時事通信)
首都高が強風で一部通行止め。アクアラインも(読売新聞)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)

無罪判決後のブログ掲載は名誉侵害 大阪地裁判決(産経新聞)

 準強制わいせつ罪で無罪判決を受けたのにブログに犯罪行為があったかのような記載をされたとして、男性医師がインターネット接続業者にブログの発信者情報の開示を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。河合裕行裁判長は「名誉が侵害されたことは明らか」として、同社に情報開示を命じた。

 業者側は「発信者は『新聞各社のネット版などで知り得た情報を元に書いたもので、無罪のニュースも追加した』としており、ブログで原告の社会的評価が低下した客観事実はない」と主張、名誉棄損の成否が争点となった。

 河合裁判長は判決で、ブログは無罪判決当日に書き込まれたと指摘。「逮捕当時の報道から3年近く経過しており、無罪となった事実以外にわいせつ行為を行ったとうかがわせる記載もあった」と認定した。

【関連記事】
後絶たぬブログ、SNSでの“告白”
ネット発“即席記者” 即時に事件“中継” 捜査妨害や誤情報も
メールで病院批判の主婦拘束 インドネシアで騒動
ブログで好きなタレントを中傷 番組制作会社員を逮捕
スマイリーキクチさんブログ炎上 警視庁、6人書類送検
あれから、15年 地下鉄サリン事件

神奈川の海水浴場、禁煙条例が可決(産経新聞)
核密約資料、後任に引き継ぎ=衆院外務委の参考人質疑で東郷氏(時事通信)
【集う】「ロシア初−現代日本絵画−日本の美展」記者会見(産経新聞)
<S−1>初の総合王者にNON STYLE 1億円獲得(毎日新聞)
風で足場倒れ電柱直撃、200世帯が停電…京都(読売新聞)

B型肝炎、7地裁で追加提訴(産経新聞)

 集団予防接種の際の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族が全国10地裁で国に損害賠償を求め係争中の集団訴訟で、広島県の患者2人と愛媛県の患者4人が24日、広島地裁に追加提訴した。24日午後に札幌、東京、新潟、金沢、大阪、福岡の6地裁でも約30人が一斉提訴。訴状提出後に記者会見した広島市安佐北区の会社員、冠崎和之さん(49)は「ここ2年は症状が落ち着いているが、がんになりやすく将来が不安だ。国は早く和解に応じてもらいたい」と話した。

【関連記事】
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」
肝炎基本法が成立 経済支援など総合施策推進
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
B型肝炎の集団訴訟で本人尋問 「わたしたちに時間ない」
B型肝炎解決求め追加提訴 全国8地裁で患者40人

外国人の子ども手当に国内居住要件を検討 長妻厚労相(産経新聞)
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省(医療介護CBニュース)
水子地蔵、11体盗まれる=見た目は金属製−埼玉(時事通信)
高校無償化法案、衆院を通過(読売新聞)
手塚治虫少年が昆虫追った森に記念碑…宝塚(読売新聞)

<訃報>菅谷孝子さん73歳=元清泉女子大副学長(毎日新聞)

 菅谷孝子さん73歳(すがや・こうこ=元清泉女子大副学長、フランス語専攻、菅谷定彦テレビ東京会長の妻)13日、胆のうがんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は定彦(さだひこ)さん。

<覚せい剤>ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで(毎日新聞)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査−大阪府警(時事通信)
乳児・揺さぶられ死で24歳母「育児せぬ夫に悩み」(産経新聞)
<埼玉県警商標権侵害>陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請(毎日新聞)
ネットで仲間募集、女性暴行の男に無期求刑(読売新聞)

強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で−鳥取(時事通信)

 鳥取県米子市で会計事務所社長ら2人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、鳥取地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた元部下の影山博司被告(55)の弁護人は15日、同罪の成立を認めた判決を不服として控訴した。
 弁護人を務める杉山尊生弁護士は「結論の無期懲役に不服があったわけではないが、強盗目的とした事実認定が了承できない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人

業者が偽装、国産表示のタケノコに中国産…三越(読売新聞)
酒気帯び運転し警官に体当たり、2米兵逮捕(読売新聞)
警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)
【二〇三〇年】エピローグ 「百年後の日本」 選び取る未来 自ら開く道(産経新聞)
強風でバックネット倒れる、4歳男児と母重傷(読売新聞)

「職業指導」義務化 模索する大学 専門教育との融合課題(産経新聞)

 大卒予定者の内定率が「就職氷河期」を下回る水準にまで悪化した就職難。就職しても3割が3年以内に離職するという現実もあることから、文部科学省は2月末、大学や短大での「職業指導」(キャリアガイダンス)を平成23年度から義務化するよう大学設置基準を改正した。単に「キャリア教育」などの科目を設けるだけでなく、従来の専門教育に職業指導の要素を融合させる動きもあり、教育現場の模索が始まっている。(鵜野光博)

 春休みでも学生の姿が絶えない宇都宮大(宇都宮市)の「キャリア・カフェ」。就職情報検索や、学生同士で情報交換する場として昨秋から活用されている。開設したのは同大のキャリア教育・就職支援センター。長崎労働局長など厚生労働省で雇用政策畑を歩んだ末廣啓子氏が同センター教授に着任したのは、平成19年4月だった。

 着任当初は驚きがあった。「世の中が変わっていることが、大学の中に伝わっていない」。非正規雇用の増加など、企業側の大きな変化を知らないまま、学生たちは「自己理解」と「適職」にこだわっている。「企業が求めるのは即戦力」という考えも現実とズレていた。「働く企業人を連れてきて、現実を正しく知らせたいと思った」

 キャリア教育の授業を行うかたわら、初年度の秋に大学が開いた「キャリアフェスティバル」では企業の人事責任者を招き、1年生も対象に、企業が学生に何を望んでいるかに触れさせた。3年目の昨秋、学部の授業でもキャリア教育を将来的に展開できるよう、各学部から1名の教員が参加してワーキングチームを発足させた。

 各学部が縦割りで「隣の学部が何をやっているか分かっていない」ことも着任当初は驚きだった。「縦割りの学部に、キャリア教育という横串を刺したい」と末廣教授。「就職は私の仕事じゃない」という教員の声も聞かれるが、「文章力など社会で必要になる能力は、本来なら専門教育でこそ身に付くもの。既存の授業でキャリア教育らしいものをリストアップすることから始めて、就職支援センターだけでなく、大学全体の問題として取り組む形を作りたい」と話す。

     ◇

 文科省によると、学部の授業でキャリア教育を行う例では、筑波大が各専門分野に「学問と社会」科目を設け、その分野を履修することが自分や社会にどんな意味があるかを考えさせるなどの取り組みがある。

 同省によると、職業意識の育成などを目的とした科目は、大学全体の4分の3で既に設置されている。義務化でさらに広がることが予想されるが、同省の関係者は「『キャリア教育』という名の授業をやってほしいという意味ではない」とも強調。「専門をきちんと学ぶことが最大のキャリア教育となることが本来は望ましい。カリキュラムの見直しが必要であり、大学の教育改革にもつながる」と指摘している。

【関連記事】
ここまでしてくれるとは…競争主義者、橋下知事の意外な一面
大学生の就職内定、「氷河期」下回る80.0% 2月1日現在
高卒の就職内定率2年連続ダウン 下落幅は過去最大7・5ポイント
大阪で専門学校が未内定者を受け入れ 就活再チャレンジを後押し
行き場を探す“就職浪人” 大学院・資格取得…将来手探り
20年後、日本はありますか?

<訃報>東田敏男さん77歳=元鉄建建設専務(毎日新聞)
尿から覚せい剤成分検出=「使用」でも立件へ−JAYWALK中村容疑者・警視庁(時事通信)
<訃報>平尾勝さん89歳=元ダイダン副社長(毎日新聞)
堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て−東京地裁(時事通信)
<暴行>警視庁の警部補、男性突き飛ばし容疑で逮捕 埼玉(毎日新聞)

三役などの刷新求める 自民、山本氏ら(産経新聞)

 自民党の山本有二元金融担当相と鴨下一郎政調会長代理、村上誠一郎元行革担当相が9日午前、党本部で谷垣禎一総裁と会談し、「国会対策で失策が続いた」などとして、大島理森幹事長ら党三役と川崎二郎国対委員長の更迭を求めた。山本、鴨下両氏は1月に発足した政策グループ「のぞみ」のメンバー、村上氏は与謝野馨元財務相に近い議員の1人。

 山本氏は「党内の若手には、谷垣体制を支える声がなくなってきている」と指摘。与謝野氏が新党結成も視野に入れた執行部の一新を求めていることについて、「(与謝野氏が)耳目を集めたまま離党するのでは、党に残るわれわれがたまらない。一両日中に同氏と会談し、意図を確かめてほしい」と求めた。

 谷垣氏は「言いにくいことをよく言っていただいた」とこたえたが、人事や与謝野氏との会談については明言を避けた。

【関連記事】
「みんなの党」渡辺代表ニヤリ 参院選で大化けも!?
小沢氏ショック! 内閣支持率下落が止まらない!戦略裏目
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める
自民・中川氏「支持率、顔より政策」 与謝野氏とは一線
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)

三宅島空港でも気圧誤送信、5便が目視修正(読売新聞)

 気象庁は9日、三宅島空港(東京都)の三宅島航空気象観測所が先月26日から今月8日までの間、計57回にわたり、誤った気圧データを航空会社などに送信していたことを発表した。

 同庁によると、誤送信は8日午前、国交省東京航空局から「島周辺を飛行中の航空機から、周辺の気圧データが高すぎるとの指摘がある」と通報が寄せられて発覚。同空港の気圧計を調べたところ、外気を室内に取り込むバルブが閉まり、測定できない状況だった。機器の入れ替え作業の際、同庁職員がバルブを開くのを失念したという。

 同観測所では発着する航空機などが高度計算を行うのに必要な海面近くの気圧データを航空会社などに送信しているが、最大で正常値より6・8ヘクト・パスカル高い気圧を送っていた。誤った数値で計算すると、機体が最大約60メートル低い位置を飛ぶことになるが、この間の計5便は目視で修正、発着に影響はなかったという。

 同庁では長野県の松本空港で先月12日、誤った気圧データを送信し旅客機が着陸をやり直すトラブルを引き起こしている。藤村弘志計画課長は「航空機の運行に影響がある重要なデータを誤って通報し、申し訳ありません」と謝罪した。

ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕−神戸地検(時事通信)
昨秋の郵便局200万円強盗、42歳男を逮捕 京都(産経新聞)
ヤミ金取り立て心中事件で被告が無罪主張 大阪地裁(産経新聞)
「強制連行」原告の控訴棄却 (産経新聞)
地下鉄サリン、負傷後に死亡の1人に給付金(読売新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
現金化
クレジットカード現金化
借金整理
即日現金化
無料ホームページ
自己破産
現金化
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    チュッパプス (06/14)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    ほんてり (01/19)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    志波康之 (01/13)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    桃医 (01/07)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    俊之 (12/05)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    さもはん (11/27)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    れもんサワー (11/22)
  • 別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁(産経新聞)
    マクレーン (11/08)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM